So-net無料ブログ作成

『宇宙大怪獣ドゴラ』(2011年11月) [掲示板再録]

>>>三一十四四二三 -- 11/11/28-13:41..No.[14177]
--------------------------------------------------------------------------------
3110442314177[1].jpg
まだビデオが普及する前、この映画は謎に満ちていた。
まず、どの文献を見ても
「ドゴラは触手がチラッと見える程度」
だの
「スチールに見られるような怪獣は登場しない」
だの
「円谷英二はドゴラの映像化に失敗」
とか、書かれており、「スチルにあるようなドゴラは出てこない」というのが定説化していたのだ。

 わしは子供の頃テレビ放送で見たが、そのテレビ放送ではアニメで描かれたドゴラの触手は出てきたが、ドゴラの全体像はほとんどカットされていたと思う。とてもガッカリした記憶があるから間違いないだろう。
(人に聞くと、コマーシャルに入る前に、一瞬だけ全体が見えた・・・というが、本当だろうか?わしの記憶には無い)

 例えば「大特撮」といった当時の希少な資料を書いたライターは、映画館で「ドゴラ」を見ておらず、わしと同じテレビ放送を見た記憶で原稿を執筆したのではないか?
見る機会が少ない作品だけに、間違った情報が長く定説化していたわけだ。

(また、わしの記憶では、テレビ放送は海外版だったはずで、タイトルなどは全て英字表記だったはずだ。当時はそれを「洒落た演出」だと思っていた)

 久しぶりにDVDを見たが、結構面白いね。怪獣映画としては難があるけれど。







--------------------------------------------------------------------------------
>>> まさ -- 11/11/28-17:19..No.[14179]

この画像の「若林映子」が「英子」ですね。
映子と書いて「アキコ」と読むんですよね。
子供頃、007のクレジットがアキコと書いてあったので、
誤字だとばかり思っていました。



--------------------------------------------------------------------------------
>>> 虜囚第6号 -- 11/11/28-21:01..No.[14182]

 ビデオが出た当時、観ました。
 しかし、天本英世が氷砂糖を頬張るところくらいしか、憶えていません・・・。
 それにしても、このポスター、天下の東宝宣伝部にしては、やっつけ仕事もいいところですね。
 試写を観た担当者が匙を投げたんですかね?



--------------------------------------------------------------------------------
>>> 三一十四四二三 -- 11/11/28-22:03..No.[14183]
「あんな逆さクラゲみたいな怪獣では客を呼べん!」
と考えた宣伝部が独断で描いた「変な怪獣」。
「これならクラゲの方がましでは・・・」
「バキャも~ん!怪獣は目玉だ、大口だ、火炎放射だ!」
「しかしこれじゃあ火炎放射というより嘔吐ですね」

まあ、そういうやりとりがあったとか無かったとか。勢い余って女優の名前も間違えました!



>>>三一十四四二三 -- 11/11/28-22:12..No.[14185]
--------------------------------------------------------------------------------

「ドゴラ」の声は「ハマグリの鳴き声」を加工したと書いてあるが、本当なのか?多分嘘だろう。
わしはハマグリがどんな声で鳴くのか知らないが・・・ハマグリの鳴き声というのは「エッチなジョーク」ではないのか?

東宝はヘドラの眼をヴァギナをモチーフに作ったという例もあるから、逆さクラゲの怪物が「ハマグリの鳴き声」でよがるという洒落があっても変ではない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。